山本太郎さん街頭記者会見をカメラ撮影しよう!

山本太郎さんは、2019年9月から北海道を皮切りとして、全国で街頭における記者会見を行うとしています。

山本太郎さんを市民が撮影する意味

市民メディア放送局では、山本太郎さんの記者会見を動画で撮影して、YOUTUBEなどに共有することで、多くの市民が山本太郎さんの言葉を知ることができるようになります。

山本太郎さんの撮影方法

山本太郎さんの街頭演説は、三脚、カメラ、SDカードが用意できれば、誰でも撮影することができます。安いものを揃えれば、全部で1万円ぐらいで揃えることも可能で、カメラは動画が撮影できれば、中古品やスマートフォンでも構いません。長時間の撮影を行うので、少し容量が大きめのSDカードが必要になるでしょう。

動画撮影の注意点

撮影するのは、あくまで山本太郎さんのみに絞り、聴衆の市民などを撮影するのはマナー違反です。最前列で山本太郎さんにカメラを向けて撮影するか、聴衆の後方、もしくは聴衆の中に混ざる形で市民の顔がなるべく映らないようにしましょう。

撮影した動画の共有

撮影した動画は、YOUTUBE、Facebook、Twitterなどで共有しましょう。特に長時間の撮影を行った場合には、YOUTUBEに投稿するのが良いでしょう。