前川喜平「官」を語る

発売日:2018年07月10日頃
著者/編集:前川喜平, 山田厚史
出版社:宝島社
発行形態:単行本
ページ数:223p
ISBNコード:9784800284570

【目次】(「BOOK」データベースより) 1章 誰のために働くのか(佐川氏「証人喚問」の不自然な答弁/「ウソつく官僚」は何を守っているのか ほか)/2章 原点(官僚以前ー『AERA』「現代の肖像」より/仏教思想と「不登校」体験 ほか)/3章 加計学園問題(信頼できる「愛媛県文書」の内容/総理の決定的な「答弁ミス」 ほか)/4章 憲法と教育(道徳教科書と「星野君の二塁打」/岸政権で始まった日本の道徳教育 ほか)/初出=『現代』2006年1月号(文/前川喜平)「義務教育費削減は国を過つ大悪政である」(義務教育費を狙い撃ちする総務省/子供たちが犠牲に ほか)

発売日: 
2018/07/10
価格: 
1490円

フェイスブック | RSS Feeds 
info★shiminmedia.com

市民メディア放送局の概要 Since 2015.09.19 ~