【荻原博子の危ないお金の話】かんぽの深い闇/ゆうちょのこわ~い投信

チャンネル名: 

郵政民営化はほんとにできるの???と小泉郵政改革をぶち上げられた時から警鐘を鳴らし続けてきた荻原博子さん。今回のかんぽ生命の保険、ゆうちょ銀行の投資信託の不適切販売は、ああやっぱりという結果。しかも、「民業圧迫はいけない」というテーゼによって、かんぽの開発商品は民間保険よりも劣後したものしかないし、ゆうちょ銀行も、貸し出し機能がないから、融資して利息を稼ぐこともできない・・。この後、噴き出しそうなのは、ゆうちょ銀行の投資信託問題。ごまかされた契約者は、まだまだ気づいていないのでしょう・・。ユニバーサルサービスを解体し、いまのように民営化したこと、その政策をもう一度検証し、私たちに必要な「郵便」をどう守るか、真剣に考えなければならない時が来ました。
聞き手は山田厚史でした。
収録は2019年8月13日