核の鎖〜ウラン採掘の現場から《復刻版》

チャンネル名: 

本作は原子力の問題を、原料となるウラン採掘から考えたものです。採掘、製造、使用と各過程で放射能とともに人々の生活にさまざまな被害を起こしていることを指摘しています。ウラン採掘の現場から見たときには、核兵器と原発に違いがないこともわかります。

もととなった反核パシフィックセンター東京がつくったスライドの制作は1989年と30年前で、使っている統計の数値、開発の状況、運動の状況も変わっていますが、ここで指摘した先住民の土地を奪い、採掘により被害を強いる構図は残念ながら生きています。いまならより多くの情報があるかと思いますが、現在も共有できるものがあると思いビデオに編集しました。

復刻版制作:映像ドキュメント.com http://www.eizoudocument.com/ 2019年6月
(元スライド 1989年3月5日初上映、第2版1989年9月、スライド制作:反核パシフィックセンター東京)
説明ページ http://www.eizoudocument.com/0665NuclearChain.html