れいわ新選組

2019年4月1日に参議院議員の山本太郎が結成。同年夏の夏の参院選に自身を含め複数候補の擁立を目指し、政策としては「消費税の廃止」や「辺野古基地の建設反対」、「原発の即時禁止」などを掲げている。

団体名は新元号・令和が発表された日に届け出たことから命名され、「新撰組」でなく「新選組」としたことは「新しい時代に新しく選ばれる政党になるため」と説明している。設立時点では山本は自由党(入党時は「生活の党」)を離党しておらず、記者会見では4月下旬離党予定と説明した。

2019年5月末までに1億円が集まったら、複数の候補者を擁立することを発表、実際に1億6千万円ほどを集めることに成功して複数候補の擁立は確実と見られます。また、参議院選挙までに3億円集まれば、10人(選挙区5人、比例区5人)を擁立するとしていた目標が見え、同党から複数人の当選可能性が出てきた。

2019年5月31日には、寄付が1億円を超えたとして、蓮池透氏がれいわ新選組から参議院選挙に立候補することを表明した。6月27日に東京大学教授・安冨歩氏の擁立、6月28日に重度障害者で活動家の木村英子氏、7月1日に元銀行員・元コンビニオーナーだった三井よしふみ氏の擁立を発表している。

公式サイト: https://www.reiwa-shinsengumi.com
ツィッター: reiwashinsen
フェイスブック: reiwa.shinsengumi
インスタ: reiwashinsengumi/
Youtube: れいわ新選組YOUTUBE
れいわ新選組の動画 を購読