20190824 UPLAN 渡辺治「参院選後の新しい情勢と改憲阻止の運動」

チャンネル名: 

【許すな!憲法改悪・市民連絡会】
今回の参議院選挙で、与党は過半数を維持したものの、自民党単独では議席を減らし、改憲勢力は憲法改正の発議に必要な3分の2を割り込む結果となりました。一方で32の一人区全てで統一候補を立てることに成功した市民と野党の共闘はさらに深化し、沖縄や宮城などど10選挙区で統一候補が勝利するなどの成果を上げました。
しかし安倍総理は選挙直後から野党の一部を巻き込んで改憲を実現しようという動きも見せ始めていますす。秋から始まる臨時国会が安倍改憲を止めるための大きな山場となってきました。
今回の講座ではこの選挙結果を分析し、これから私たち市民は安倍改憲阻止に向けた運動をどのようにつくっていくのかということをともに考えたいと思います。
講師
渡辺治さん(一橋大学名誉教授、九条の会事務局)