20181027 UPLAN ベトナム・イラクからの警告

チャンネル名: 

【ベテランズ フォー ピース ジャパン】
米国で従軍経験のある元軍人(ベテランズ)と賛同者により構成された国際平和団体ベテランズ・フォー・ピースは、海外の連携団体と共に、紛争地での反戦アピールや戦争による経済構造の真相などを広く世界に伝えています。沖縄では辺野古基地建設反対を訴え、座り込み抗議を行っています。
そんな彼らが今年も来日し、10月27日に講演会を行います。
今回は初来日するVFP本部メンバー2人(ベトナム戦兵士、イラク戦兵士)を迎えます。ベトナム戦争とイラク戦争とは、時代、戦争の背景、アメリカ国内事情、世界情勢も全て違いますが、それでも浮かび上がる嘘と傷跡。
これこそが今私たちが知るべきリアルです。
2人の話から、日本の私たちへの警告を引き出すのは、多くの元米兵との交流を持ち、日本で今もっとも戦争のリアルに近いVFPジャパン(平和を求める元自衛官と市民の会)共同代表・井筒高雄です。ー私たちは過去の「戦争」から何を学んだのか?学べるのか?考えて行きたいと思います。
―プログラム予定―
第一部「ベトナム・イラクからの警告」
アメリカVFPメンバー2名(ベトナム戦兵士、イラク戦兵士)
(通訳付き)
第二部
・井筒高雄(元自衛官/VFPジャパン共同代表)
・クロストーク
アメリカVFPメンバー2名・井筒高雄
コーディネーター目良誠二郎、武井由起子
登壇者
ベトナム戦争退役軍人
イラク戦争退役軍人
井筒高雄(VFPジャパン共同代表)
VFPJコーディネーター
目良誠二郎(元高校教師)
武井由起子(弁護士)
*ベテランズ・フォー・ピース・ジャパン(VFPJ)
「武力で平和はつくれない」を合言葉に、世界中の平和を願う元軍人たちと連携し、戦争のリアルとコストを伝えるために日本で結成された元自衛官と市民の団体。
*VeteransforPeace(VFP)
従軍経験のある米国の元軍人ら(ベテランズ)を中心とした国際的な平和団体。1985年以来、圧倒的な説得力でユニークな活動を展開。国連NGOとしてICANとも連携する。映画監督のオリバー・ストーンやオノ・ヨーコらも含め会員数は約8千人。米国を中心に全世界で120以上の支部を有する。