保坂展人

保坂 展人(ほさか のぶと、1955年11月26日 - )は、宮城県仙台市生まれ。祖父保坂貞義は、1935年から1940年まで、宮城県第二高等女学校(後の宮城県第二女子高等学校)第10代校長を務め、現職中に死去している。父親はNHK仙台放送局勤務を経て東京勤務となり、一家で東京に転居している。麹町小学校から麹町中学校へ進学。

1996年、社会民主党の公認で第41回衆議院議員総選挙に東京22区から出馬。新進党の伊藤達也や旧民主党の山花貞夫らに破れ東京22区では得票数5位で落選したが、重複立候補していた比例東京ブロックで復活し、初当選した。2000年の第42回衆議院議員総選挙では東京6区に国替えし社民党公認で出馬。得票数は石井紘基(民主党)、落選した自由民主党の越智通雄を下回る3位であったが、再度比例復活により再選。

2011年4月6日、記者会見を開き世田谷区長選挙への立候補を表明。なお区長選への出馬に際し、社民党を離党した。区長選には5人が立候補したが、保坂は社民・国民新・新党日本・生活者ネットの4党による支持に加え、隣接する杉並区の区長田中良らの応援も受け、83,983票を獲得し初当選した。

2014年の2014年東京都知事選挙では、脱原発を公約した細川護熙を評価した(落選)。なお、23特別区の区長は、22人までが当選した舛添要一を支援しており、舛添を支援しなかったのは保坂だけだった。

公式サイト: http://www.hosaka.gr.jp
ツィッター: https://twitter.com/hosakanobuto
フェイスブック: https://www.facebook.com/hosakanobuto
保坂展人の動画 を購読