葛西臨海水族園の長寿命化を考える

チャンネル名: 

※当日行われたライブ配信アーカイブです。一部、回線障害により中断された部分を録画より加え、休憩などをカットしたものです。

シンポジウム
「葛西臨海水族園の長寿命化を考える」
2019.12.19

葛西臨海水族園は、1989年(平成元年)のオープン以来5,500万人を超える人が訪れ、今や東京都の貴重な文化・リクリエーション施設となっています。その水族園も開園から30年を経て、バリアフリー対策も含め飼育設備の更新の時期を迎えています。
東京都は2018年に「葛西臨海水族園のあり方検討会」を開催し、報告書も発表しました。今年度には「葛西臨海水族園事業計画検討会」が開催されています。

問題は、今年度の検討会の前提として、「既存施設は老朽化し水族館機能を果たさないと断定している」ことであり、既存施設の将来についての議論が全くなされないまま、新たに計画されている施設へ水族館機能を全て移すことになっています。東京都は明言を避けていますが、水族館機能を奪われた既存施設は、取り壊される可能性が十分にあります。

今必要なことは、既存水族園についてその健康度を再調査した上で、建築的、文化的価値を改めて諭じ、将来を見据えた既存施設のあり方とサステイナブルで健全な水族館の運用方法を考えることであり、東京都が提唱する「持続可能な社会」を達成することです。

東京都に既存施設の機能維持と長寿命化を考慮した適切な水族園の整備計画を再考していただきたいと強く願い、「葛西臨海水族園の長寿命化を考える」と題して緊急シンポジウムを開催します。

http://www.aij.or.jp/jpn/symposium/2019/191219.pdf