2019.12.7川崎ヘイト街宣へのカウンター

チャンネル名: 

2019年12月7日(土)
神奈川県川崎市川崎区(JR川崎駅東口)で行なわれた日本第一党の街宣に対するカウンター(反対行動)の記録映像です。

在日コリアンに対するヘイトスピーチを繰り返し行ってきた桜井誠「在特会」前会長を党首とする日本第一党(神奈川支部)がJR川崎駅前で街宣を行い、差別に反対する人々が集まり抗議しました。
日本第一党は「党」という体裁をとっていますが、単なる極右排外主義者の集まりで、悪名高き「在日特権を許さない市民の会(在特会)」から生まれた差別集団です。
彼らはヘイトスピーチが違法となった今も公の場で差別行為を繰り返しています。

今回、差別団体の街宣スペースは四畳半と揶揄されるほどの狭さで、そこへカウンターがL字型の抗議がありました。
実際に差別主義者の居場所が少なくなっているのは素晴らしいことと思います。

「川崎市差別禁止条例成立まであと5日」「ヘイトスピーチ刑罰化 成立まで秒読み」「差別に負けないで ガンバレ川崎市」「ヘイトスピーチ罰則成立間近」というプラカードが指し示すように、川崎市ではヘイトスピーチを繰り返す人物や団体に対して刑事罰を科す条例が成立しようとしています。
これまで多くの人々の地道な行動でここまできました。
「差別根絶条例案」が成立するまで市民の力で後押ししましょう。

日本第一党や在特会が活動を行う以上、抗議行動は続けなければなりません。
カウンターに参加された方々に最大の敬意を表します。
これからも自分自身ができる行動を続けていきましょう。

KAWASAKI AGAINST RACISM !!!

撮影・編集:秋山理央
機材:SONY HDR-PJ790V、TASCAM TM-2X、Hague Mini Motion-Cam

秋山理央
http://twitter.com/RIO_AKIYAMA
https://note.mu/rio_akiyama
メールフォーム
http://form1.fc2.com/form/?id=698764