【横田一の現場直撃】千曲川水害/関電の闇/河村市長の座り込み20191016

チャンネル名: 

ゲリラジャーナリスト横田一は、あいちトリエンナーレから関電取材で大阪と高浜に、台風で足止めされて、翌日には千曲川決壊の現場へ。昨年の真備地区の大氾濫と同じ、ダム優先の治水政策の問題点が見え隠れしています。まずは、現地で見た状況をレポートします。さらに深めた続報をお待ちください。
【関連記事】
【特別寄稿①】台風19号で続出した堤防決壊の原因は!? 国交省が省益のためにダムを優先し、堤防強化を後回しにしたためという驚くべき真相!? 2019.10.18
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/459232
【特別寄稿②】千曲川の堤防決壊場所は危険が指摘されていた!リスクが高い場所を優先的に堤防強化するべきだったのではないか!?
千曲川堤防調査委員会による現地調査後の記者会見 2019.10.18
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/459304
ほかに、高浜町を現地取材し、関電との癒着の構造と避難計画のマヤカシを指摘し、さらにトリエンナーレ再開に抗議する河村市長の感覚のズレズレを報告します。
収録は、2019年10月16日