【山田厚史の 闇と死角 】かんぽだけではない泥沼 20190801

チャンネル名: 

かんぽ生命の不正は拡大し、ついに3000万件の契約を見直すことになりました。
窓口で、不利な保険への乗り換えを勧め、二重契約や無保険になる顧客も全国で生まれています。7月31日、日本郵政、かんぽ生命の社長が登場した記者会見で、郵政側は不正の拡大を認め、3000万件の点検も発表しました。
問題の根源はどこに?勧める郵便局員の非行なのか。
山田さんは、郵政民営化とアベノミクスの超低利政策、民営化し株を高値で売り出すことを義務付けられた郵政全体の無理の噴出と言います。
窓口の不正のエピソードから国の政策の失敗をみる山田厚史の「かんぽ問題解説」第二段。
2019年8月1日収録

にこのビデオは 190801闇と死角