20190612 UPLAN【復興庁交渉】「放射線のホント」撤回署名提出・福島原発事故関連課題の政府交渉

チャンネル名: 

【脱原発福島県民会議 双葉地方原発反対同盟 原水爆禁止日本国民会議 原子力資料情報室 全国被爆2世団体連絡協議会 反原子力茨城共同行動 原発はごめんだ!ヒロシマ市民の会 チェルノブイリ・ヒバクシャ救援関西 ヒバク反対キャンペーン】
政府は、年20ミリシーベルト基準による避難指示解除を進め、「風評払拭・リスクコミュニケーション強化戦略」に沿って省庁を挙げて、福島原発事故被ばくの健康影響はなく、福島は復興しつつあると世論を操作し、福島原発事故被害者を切り捨て、原発再稼働の地ならしをする政策を進めています。
脱原発福島県民会議をはじめ9団体の政府交渉で「放射線のホント」撤回署名約3万筆を追加提出します。
累計5万筆の署名を背景に、「放射線のホント」撤回、「福島原発事故被ばくは公衆の被ばく限度年1ミリシーベルトの法令違反」など福島事故関連の課題で政府を追及します。