20190518 UPLAN 片岡輝美「モニタリングポストの継続配置を!」

チャンネル名: 

【被ばく学習会】
原発の建設・運転は住民の誰も年間1ミリシーベルト以上被ばくさせないという約束の下で許可されています。ところが一方ではその1ミリシーベルトを測るモニタリングポストを撤去する計画があり、他方では1ミリシーベルトの測り方を変えています。
・片岡輝美さん「モニタリングポストの継続配置を!」
(モニタリングポストの継続配置を求める市民の会・共同代表)
 福島原発事故は終わらず、空間線量が年間1ミリシーベルトを超える場所も多いのに、原子力規制委員会は福島原発事故後に福島県内に設置したモニタリングポストのうち2400台を撤去しようとしています。署名を集め、各市町村議会に働きかけてモニタリングポスト撤去を食い止めてきた福島県民の活動をお話しいただきます。