#0318法務省前抗議 ② #FREEUSHIKU ハッシュタグで集められた法務省への怒りのコメントを読み上げる

チャンネル名: 

2019年3月18日午後8時1分より、千代田区霞が関の法務省前で撮影。

《入管行政に抗議する法務省前行動

日時 3月18日(月)19時半〜
場所 法務省前

Demo to protest Japan's inhumane immigration policies: abuse, mistreatment, long detentions, low refugee acceptance, etc. Meet outside the Ministry of Justice in Tokyo's Kasumigaseki on March 18, 7:30PM. All's welcome!
#0318ProtestJapaneseImmigrationPolicies #0318法務省前抗議

[ステートメント]
3月12日夜、品川にある東京入国管理局に不当に収容されているチョラク・メメットさんがひどい体調不良を訴えたのに、二回にわたって入管から救急搬送を拒否されるという事件が起きました(※)。入管は翌日になって、高まる非難をかわすかのように、ご本人を病院に連れて行きました。検査の結果脱水症状と診断されましたが、入院はおろか点滴すらされず施設に戻されました。到底許されることではありません。

※詳細→ https://togetter.com/li/1327732

このような事件は今回が初めてではなく、収容中の方が著しい体調不良を訴えたにもかかわらず、入管が放置した結果、適切な医療措置を講じられず亡くなるという痛ましい事件が複数回起きています。入国管理局長は昨年3月、「被収容者が体調不良を訴えた場合、速やかに医師の診察を受けさせるなど病状に応じた適切な措置を講じること、医療者不在の場合は安易に重篤な症状にはないと判断せず、躊躇なく救急車の出動を要請すること」とする再発防止のための指示を出していますが、今回はその指示すら守られませんでした。3月16日現在、メメットさんは未だに適切な医療を受けられずにいます。

入管に収容されている人は移動の自由を奪われている以上、その生命・健康には入管が全面的に責任を持たねばなりません。しかるにこれまで、入管では体調不良の訴えが放置されることは日常茶飯事でした。2007年以降で13人もの方が入管収容中に亡くなっています。私たちはこのように、人の命を軽んじる、血も涙もない入管行政を長年放置・容認し続けている法務省に直接抗議を行う必要があると判断しました。来たる3月18日月曜日夜、人権無視の法務省を叱りに行きます。同じ志を持つ方のご参集を呼びかけます。》

呼びかけ人の「怒りの可視化」フェイスブックより引用。


フェイスブック | RSS Feeds 
info★shiminmedia.com

市民メディア放送局の概要 Since 2015.09.19 ~