東京入管激励アクション - 2018.12.29 東京都港区

チャンネル名: 

2018年12月29日(土)
東京都港区・東京入国管理局前で行なわれたSYI(収容者友人有志一同)が呼びかけの『東京入管激励アクション』の記録映像です。

・SYI (収容者友人有志一同:Immigration Detainee's Friends)
https://pinkydra.exblog.jp/
【SYIは何に抗議しているか】(SYI Blogより)
SYI(収容者友人有志一同)は、2009年末から、日本の入国管理制度における外国人へのさまざまな人権侵害に抗議する活動を続けています。とくに、あらゆるかたちの入管収容に反対しています。
日本の入管は、ビザ(在留資格)がないという理由だけで、外国人を、入管独自の収容所に、無期限に閉じ込めてしまいます。家族であれば、生計をかせぐ父親だけを収容して、母親と子供は外部に放置するのが一般的です。難民として逃げて来た人を空港で拘束し、収容所に送ることすら、少なくありません。入管の「収容センター」は、実質的には強制収容所です。裁判もなしに拘束された被収容者は、プライバシーの配慮もなく、数人(多ければ約10人)でひとつの部屋に押し込まれます。自由に窓を開け気温を調節したり外気を吸ったりすることすらできず、就寝時には毛布しか与えられません。定時に起床、定時に食事、定時に自由時間、という具合に、まるで刑務所のように、一日の生活時間を管理されます。公衆電話か郵便を使う他には、外部と連絡をとることすら許されず、面会者ともガラス越しでしか話せません。病気や怪我を負っても、所内の医者はきちんと診断もせず痛み止めや睡眠薬などを処方するだけであり、外部の病院で治療を受けるには数週間から一、二ヶ月以上も待たされ、しかも腰縄をつけたまま受診させられます。人権の「じ」の字もありません。
そんな入管問題への社会的な関心が高まるよう、SYIは広報や集会などを催すとともに、定期的に入管収容所に出かけ、収容者と面会し、所内の諸問題について責任ある人に抗議をしています。
https://pinkydra.exblog.jp/21736218/
- - - - - - - - - -

入管が年末休みとなり、正月明けまで収容者は外部の人に会うことができなくなったので、被収容者の激励と東京入管に対する抗議が行われました。
定点だと収容されている場所によっては音が届かないそうで、4ヶ所で音出しを行ないました。
音を出し始めると、施設の中から「ありがとう」などの声が聞こえ、窓から姿を見せて手を振ってくれたり投げキッスをしてくれた方の姿が見えました。

私自身、牛久や品川埠頭の入管前に行って、中から発せられる声や音を聞き、中にいる人の姿を目にしてからというもの…収容されている人々のことが頭から離れず、普通に生活してても彼らのことをたびたび思い出すようになりました。
多くの人に、これは問題だと認識してもらうことが必要と思い、可能な限り足を運び現場の記録を行うことに努めています。
この問題は大きな問題で、間違いなく私(達)の問題です。

日本政府および法務省・入国管理局は直ちに非人道的な外国人の扱いを見直すべきです。

撮影・編集:秋山理央
機材:SONY HDR-PJ790V、TASCAM TM-2X、Hague Mini Motion-Cam

秋山理央
http://ar-journal.tumblr.com/
http://twitter.com/RIO_AKIYAMA
http://rfourth.jp/demo/shushi.html
メールフォーム
http://form1.fc2.com/form/?id=698764