中野晃一・いま市民運動にとって大事なこと 2018.9.5

チャンネル名: 
登壇: 

いま市民運動にとって大事なこと
中野晃一さんの話
臨時国会で改憲発議ができなければ次はない
2018年9月5日(水)文京区民センター、キックオフから1年 さようなら安倍政権 めざそう3000万人の署名 9・5集会

この日の中野晃一さんの講演は、アベ改憲をやめさせようとする市民運動にとっていま何が大事なのかを、笑いをさそいながら、ざっくばらんに語った46分だった(ここでは30分に抜粋・編集)。

ざっくばらんとはいっても、改めて憲法とは何なのかに立ち返り、憲法解釈には幅があるとしてどこまでなら許されるのか(超えられない一線はどこなのか)、アベの執念だけはわかるが何のための憲法改正かは説明しようがないこと、その背景にある政治のありようの転換を語り、たとえ発議されたとしても国民投票で勝つ方が選挙で勝つよりもずっと簡単、投票をやったら負けるぞという雰囲気をつくる、という話をしてしめくくった。

主催:安倍9条改憲NO!全国市民アクション http://kaikenno.com/

映像ドキュメント.com http://www.eizoudocument.com/
説明ページ http://www.eizoudocument.com/0154nakano.html

この日の全発言はこちらでカバーされています。
⇒キックオフから1年 さようなら安倍政権 めざそう3000万人の署名 9・5集会 https://youtu.be/Jkz37RezOIA


フェイスブック | RSS Feeds 
info★shiminmedia.com

市民メディア放送局の概要 Since 2015.09.19 ~