2021/2/17 九条の会事務局主催 学習会 菅政権の成立と改憲問題の新局面

チャンネル名: 

★九条の会事務局主催学習会:菅政権の成立と改憲問題の新局面:開催時間変更
緊急事態宣言の継続の場合、夜間の会場が使えなくなる可能性があり、あらかじめ、開催時間を変更いたしました。平日の午前中ですが、ぜひご参加ください。
改憲に異常な執念を燃やした安倍政権が退陣し、菅政権が誕生しました。ところが、菅政権も「安倍政権の踏襲」を掲げ、改憲問題に意欲を燃やしています。
その焦点となるのが、「敵基地攻撃能力保有」策動です。
アメリカでも大統領選挙でトランプが退陣しバイデン政権が成立しました。バイデン政権も、歴代アメリカ政権が追求してきた日米軍事同盟強化の路線を踏襲し日本に新たな負担を求めようとしています。
こうした日米安保と改憲をめぐる新たな局面を迎えて、九条の会事務局は下記のように、お二人の講師を迎えて学習会を企画しました。どうぞ、ふるってご参加ください。

九条の会事務局主催 学習会のご案内 ▷▷▷
菅政権の成立と改憲問題の新局面
【日時】:2021年2月17日 (水) 9時30分~12時
【場所】:文京区民センター 3-A会議室
【講演1】 布施祐仁さん(ジャーナリスト)
「バイデン政権の成立と日米軍事同盟の強化
-第5次アーミテージレポートにもふれて−」(50分)
【講演2】 前田哲男さん(軍事評論家)
「敵基地攻撃能力保有策動の狙いと憲法9条」(50分)
< 講演の後、質疑時間を若干とります>
【参 加 費】:一般 1,000円  学生300円
新型コロナ対策のため、先着順で90名に限らせていただきます。
事前申し込みは不要ですが、会場整理のため、あらかじめ下記まで参加希望者と人数をご連絡いただければ幸いです。